ptsdを治してキラリと輝く未来【適切な治療法がカギとなる】

怖い体験が引き金になる

考えこむ医者

地震や家事などの災害で強いストレスを受けると、ptsdを発症する確率が高くなります。
発症するとどのような症状があらわれるのかというと、主に起こるのがそのときの光景を思い出すことでしょう。
辛かった記憶を再び思い出してしまうのは、何かきっかけがあるわけではなく突然思い出すケースが多くあります。
災害などを思い出すだけでなく、自分がそのとき体験したことを2度体験している感覚を味わい、それにより不安や緊張を感じてしまい眠れなくなるなどの睡眠障害や食欲がなくなるなどの食欲不振に悩まされてしまうのです。
睡眠障害や食欲不振などの症状は、精神的な強いストレスを受けてしまうと誰でも起こりうる症状です。しかし、これらの症状が数ヶ月続いてしまうと、それはすでにptsdを発症している可能性があるでしょう。

この他にも、ptsdの症状として挙げられるのが回避です。
例えば、津波などを目の当たりにしたとき、水を見ると津波を思い出してしまって今までは問題なく入っていたお風呂でさえ怖くなってしまう、というのもptsdの症状と言えるでしょう。
また、親からの暴力を受けていると、自分の親に会うことも拒んでしまうといった症状もptsdの症状の1つです。
これら以外にも、辛いという気持ちを消すために感情をなくす、1人でいる不安を取り除くために誰かに構って欲しいと思って連絡をする、少しのことでもイライラする、少しの物音でも驚いてしまうなどの症状もptsdの症状として挙げられます。
世の中の全てのことに対して危険を感じてしまうというのもptsdの症状の1つで、常に周りに危険が潜んでいないのかを注意しながら生活を送りますので、緊張状態が続くことになるでしょう。
そういった緊張状態が、よりその人を苦しめてしまい、ストレスに感じて辛いと感じてしまうケースも少なくありません。上で挙げたようなptsdの症状がみられたときには、放置しているとどんどん悪化するだけですから、症状がみられたら早めに治療を受けることが大切です。

Copyright © 2015 ptsdを治してキラリと輝く未来【適切な治療法がカギとなる】 all reserved.